フィールドサイエンス部のページ訪問者数7255

部活動ブログ

フィールドサイエンス部のページ
2018/04/16

(フィールドサイエンス部) 部活動紹介

| by 部活動顧問
自らテーマを発見し、科学を学ぶ・・・
フィールドサイエンス部

 フィールドサイエンス部(FS部)は現在、部員9名で活動しています。平日放課後に2階物理・地学実験室に集まり、科学全般について探究することが目的です。一見小難しく思えますが、「ピタゴラ装置」は物理学の結晶ですし、料理も化学の結晶です。そうして見れば、身の周りの現象は興味をそそられる科学に溢れているといえます。
 FS部では各人の趣向を尊重し、自由な活動を通して科学を学んでいます。内容は科学であれば問いません・・・・・・化学、生物、物理、地学、数学、工学等、「科学」に関することであれば、その分野は様々です。是非、自分だけの「科学」を見つけて探究してみては如何でしょうか。
 
 < 尿素の花 >               <「ピタゴラ装置」>          <Ooho!(水球)>


【昨年度の活動の様子】
 平成29年度の学校祭では、FS部の恒例行事となった「FS部版ピタゴラ装置」である「サイエンスイッチ」を始め、「液体窒素」の実験等、様々な分野の発表をしました。また、野外研修会では郊外へ赴き、工場見学やロケット発射実験等の刺激ある体験を通して科学を学びました。
 現在では、来年度以降に備え、新たな研究課題や部活動指針の改革の発見に努めています。


【近年の活動内容】

5月  三柏戦 理科部交流会
6月  野外研修会
7月  学校祭展示発表
9月  高文連十勝支部 理科研究発表大会
10月 高文連全道 理科研究発表大会
12月 畜大フェスティバル参加

※ 平成24年度では、高文連全道 理科研究発表大会で「奨励賞」受賞
   研究テーマ: 「ガウス加速器による最速について」

※ 平成28年度では、高文連全道 理科研究発表大会で「ポスター賞」受賞
   研究テーマ: 「Ooho!(水球)を保存することはできるのか 第2報」
15:20