スケート部のページ訪問者数108981

部活動ブログ

スケート部のページ
12345
2021/01/26new

(スケート部) 58年ぶり男子学校対抗V

| by 部活動顧問
 第70回全校高等学校スケート競技・アイスホッケー競技選手権大会
 スピードスケート競技男子学校対抗 V 58年ぶり
 女子も健闘 学校対抗3位
1月21日から24日まで長野市のオリンピック記念アリーナエムウェーブで第70回全国高等学校スピードスケート競技選手権大会が開催されました。男子が学校対抗で昭和38年第12回大会以来58年ぶり4回目の優勝を飾りました。また、女子も全道大会同様に全員でこつこつ点数を重ね全国大会でも3位となりました。
大会3日目を終えて、全道大会とは逆に三条が白樺をわずかにリード。残すは団体2種目。全道では逆転を目指した2000mRで転倒しましたが、今回はゴールしさえすれば、持ちタイム1位の三条はそれなりの順位(得点)が得られリードを保てる。バトンをつなぐんだ!円陣を組んでリレーチームの気合いは十分。1走桐木から2走大道へ落ち着いたバス、大道も落ち着いてパス、と思ったら3走の阿部のダッシュが予想以上に鋭く大道は再び加速してオーバーゾーンギリギリでパス(冷や汗)。全道で転倒した阿部も安全に4走時安へパスし時安が白樺を猛追してゴール。結果は3位となり白樺をリードしたまま最終種目のチームパシュートへ。そのパシュートはキャプテン齋藤を中心に笠原、時安の3人が息の合った滑りで出場したチームの中で唯一29秒台の見事なラップコントロールで8周を滑りきり1位でゴール。三条の総合優勝を決めました。
大会終了後は後藤先生のもとにお祝いの電話やメールが次々と届き、また学校には”祝優勝”と花が届けられました。多くの方々に応援されていることを実感しました。本当にありがとうございます。
昔、千代の富士が横綱に推挙されたその夜親方に部屋に呼ばれ、酒でも飲ませてくれるのかと思ったら、横綱としての責任について懇々と説かれたそうです。優勝した夜の三条のミーティングで後藤先生が話したのは、日本一のチームの選手としての責任と行動についてです。本当は一番うれしくて一番興奮しているはずなのに、すごいなこの人、と思いました。先生と”めい”からも何か・・・と振られたけど、先生の話の後で話すことなんてないよね。せめて、学校に帰ってすぐの単元テストで撃沈する、かもしれない”あかね”が期末テストで取り返せるよう手伝いはさせてもらいます。三条は文武両道ですから。
次回は個人の結果についてお知らせします。


19:57
2021/01/15

(スケート部)全日本ジュニア

| by 部活動顧問
第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会
  チームスプリント 男女アベック連覇
1月9日から11日まで全日本ジュニアスピードスケート選手権大会がYSアリーナ八戸で開催され、チームスプリントで男女ともに優勝し連覇を達成しました。また個人では、男子500mで桐木が3位、1000mで時安が2位、マススタートで笠原が2位入賞を果たしました。女子のチームスプリントはLIVEで結果を見ていたところ”2位”と出て、あー負けたかー、と思っていたらタイムが修正されて100分の1秒差で1位に。お~!と喜んだ一方で、その前に行われたマススタートレースは柊香が5位になっていたのに、競技役員が周回を誤り再レースに。柊香はもう脚が残っていないので棄権。そのレースで優勝した選手も当然脚が残っていなくて出場したものの9位に沈みました。全日本の大会で優勝が9位に・・・。
さて、来週はいよいよ長野県Mウェーブでインターハイです。この大会を目標に1年間厳しいトレーニングを積んできました。出場する選手はゴールする瞬間まで持てる力のずべてを出し切ってくれるものと思います。また、しばらく練習を休んで勉強に励み明日からの共通テストに臨む部員がいます。今日の3年次の集会で少し会話を交わしました。本人は、PB目指して頑張ってきます、と話してくれました。スケート部の先陣をきって良い結果となることを祈ります。
この”選手”も含めて、Team Sanjyo への応援よろしくお願いします。

☆PB☆
M500m 越谷 浪岡
W500m 水戸 田中 道見
M1000m 桐木 齋藤 佐藤
W1000m 鈴木 宮下 
M1500m 時安 齋藤 國井 藤田 佐藤
W1500m 鈴木 道見
W3000m 鈴木 道見
M5000m 藤田 佐藤

16:30
2021/01/11

(スケート部)全日本選手権

| by 部活動顧問
 第88回全日本スピードスケート選手権大会
12月28日~30日まで、明治北海道十勝オーバルで全日本スピードスケート選手権大会が開催されました。日本のトップ選手しか出場できない大会に三条高校から齋藤、時安、水戸の3選手が出場しました。高木美帆選手が5冠を達成するなど世界で活躍している選手たちが国内最高やリンクレコードを更新する滑りを見せ、レベルが高く見ていてわくわくする大会となりました。三条の3選手は日本のトップ選手と比較すればまだまだですが高校生でこの大会に出場できるだけで価値があります。特に、水戸は現在日本代表チームにいる稲川が3年時に出した三条レコード(国内)を更新する滑りを見せました。ちなみに、稲川はその年にソルトレイクで 1′17″36 という別格のタイムを出しているので(国内)です。今回出場した3選手も将来は日本代表チームに、などと期待しているところです。
さて、次回は本日まで八戸で行われた全日本ジュニアの結果をお知らせします。チームスプリント男女ともに連覇、です。
齋藤 5000m 6′51″78
時安 1000m 1′11″56
水戸 1000m 1′20″07 SR(国内)

12:46
2020/12/23

(スケート部)全道高校

| by 部活動顧問
第73回北海道高等学校スケート競技選手権大会
12月17日から20日まで苫小牧市ハイランドスケート場で全道高校スピードスケート競技選手権大会が開催されました。個人では2年時安が1000mと1500mで2冠、同じく2年水戸が1000mで連覇を達成しました。また、学校対抗では男女ともに2位。女子は今年は厳しいかなと思っていましたが、3年生を中心に個人と団体でこつこつとポイントを重ね予想以上の結果を残しました。一方で男子も女子と同じ順位ですが、こちらは三条が大事にしている団体2種目でいずれも転倒してしまい、後味の悪い2位。もしかしたら半世紀ぶりの優勝だったかも、と思ったところで結果は変わりません。ただ、インターハイで5連覇を目指している白樺と互角に渡り合えたのだから、三条も全国制覇の可能性があるチームのひとつ、ということ。残り1ヶ月の練習でレベルアップを図り昭和37年以来58年ぶりの全国制覇を目指します。
☆全道高校の結果☆
【男子】学校対抗 2位
500m 2位 桐木 3位 阿部 
1000m 1位 時安 2位 阿部 8位 桐木
1500m 1位 時安 6位 藤田
5000m 3位 齋藤 5位 笠原 8位 藤田
10000m 2位 齋藤 6位 笠原
チームパシュート 4位(齋藤 笠原 藤田)
【女子】学校対抗 2位
500m 5位 長谷川
1000m 1位 水戸
1500m 2位 水戸 
3000m 6位 鈴木
チームパシュート 2位(鈴木 水戸 池田)
2000mR 2位(田中 水戸 長谷川 池田)
☆国体予選の結果☆
【少年男子】500m 1000m 3位 大道
【少年女子】1000m 2位 1500m 3位 道見


15:00
2020/11/27

(スケート部) 全日本選抜八戸大会

| by 部活動顧問
 2020-21 全日本選抜競技会八戸大会
11月20~22日に全日本選抜スピードスケート競技会八戸大会がYSアリーナ八戸で開かれました。男子3000mで齋藤がスタートから30秒台のラップを正確に刻み自身のもつ SR を更新する滑りで2位入賞を果たしました。また、2年生がいずれも高いレベルのタイムで滑りました。全員が SR ホルダー。卒業までまだ1年以上あり、どこまで記録を伸ばすのか本当に楽しみになってきました。さて、次は全十勝選手権、2日間で4本滑る選手にとってはきつい大会です。この八戸大会に出場したメンバーはその前に全道合宿というハードな日程です。きつい日程の中でさらにレベルを上げ、2週間後の全道高校に臨みます。
     
☆全日本選抜八戸大会の記録☆
齋藤 3000m 3′54″27(SR) 5000m 6′42″07(PB)
桐木 500m 36″40 1000m 1′13″81(PB)
大道 500m 38″21
阿部 500m 36″27(SR)  1000m 1′12″87
時安 500m 36″44 1000m 1′11″44
笠原 1500m 1′51″34(PB) 5000m 6′50″89
鈴木 3000m 4′35″61 マススタート 8
水戸 1000m 1′20″42(PB) 1500m 2′04″59(SR)

10:00
12345